女性に媚びないのがモテる男の秘訣?上手な媚び方とは

モテる男,媚びない

どうも、櫻井です。

モテない人はモテる人よりも、女性に優しいといった特徴が挙げられます。

例えば、毎日のように今日も可愛いねと言ったり、プレゼント攻撃をしたりです。

誰だって好きな人から嫌われたくはないので、可能な限り尽くしてあげたくなる気持ちも分かります。

しかし度を越えてしまえば、それは媚を売っていることになるのです。

スポンサーリンク

モテる男は上下関係を崩壊させない

女性だから特別というわけではなく、人間なら誰しもが、チヤホヤされれば自分は偉いと勘違いします。

何度も可愛いと言われ続ければ、もっとお金を持っている優れた男性と巡り会えると思うでしょう。毎回送り迎えをしてあげていれば、恋人候補ではなく、ただの便利屋へと成り下がっていきます。

もちろん優しく接してあげるという心構えは大事なことです。

ただし恋愛とは男女がお互いを支え合い、愛を育んでいくものです。はっきりとした上下関係が作られてしまうとバランスを維持できなくなり、終わる可能性が高くなります。

わざわざ格下と付き合っている意味もありません。

人間なら自分にふさわしい人と一緒に居たいと思いますからね。

だからモテる男は関係性を崩さないためにも、適度な範囲で媚を売るのです。

上手な媚びの売り方

シチュエーションを限定させてしまうと楽です。

宿泊を伴う旅行に行く時だけ自宅まで送り迎えをしてあげる、髪の毛を切ったり新しい洋服を着ていたら見た目を褒めてあげる、彼女の気持ちが沈んでいたら普段より優しくしてあげるなどです。

こうすることでメリハリが生まれますので、受け手も新鮮な気持ちで素直に喜べるでしょう。

また本心から可愛い、素敵と思ったのなら、さりげなく伝えてあげると良いです。

オーバーリアクションだと嘘くさくなりますし、私以外の女にも言っているのではと疑われてしまいます。

女性の前では、常に魅力溢れる男性でいなければいけませんので、先輩や上司への媚びとは別と考えましょう。

まとめ

モテない男性は恋人未満の女性とでも、犬と飼い主の様な関係になりがちです。

当然、お付き合いが始まればその傾向は強くなり、完全な主従関係が出来上がってしまうでしょう。

告白して振られるのが怖い、別れ話を切り出されたら嫌だから媚を売るという人もいますが、それが原因で嫌われてしまっては元も子もありません。

モテる男性は複数の女性をキープしながら、誰を彼女にしようか選んでいきます。
1人の女性に執着しないため、媚の売り方も不自然とならず、女性とは良好な関係を保てるのです。

スポンサードリンク

モテる男,媚びない