女性にモテる男はネクタイにもこだわる?ただしい選び方とは

女性にモテる男はネクタイにもこだわる?ただしい選び方とは

どうも、櫻井です。

仕事が終わってから、女性と食事やショッピングに出かけることもあるでしょう。

一旦着替えてからと手間はかけられませんので、当然、スーツ姿になります。

スーツ姿は女性からも人気の高い格好ですが、モテたいならネクタイにこだわるべきです。

スポンサーリンク

ネクタイはオシャレの代名詞

高級スーツを着ていれば、わざわざ女性に伝えなくても、お金を持っているアピールができます。
オーダーメイドなら自分の体型にフィットし、柄やデザインも選べます。

一式1万円のカジュアルスーツとは、出来が全く違うのです。

しかしスーツの難点は、背広を脱ぐシチュエーションも少なくないということです。

飲食店へ入れば、袖が汚れるなどの理由から背広を脱ぐことになるかもしれません。

すると上半身はワイシャツとネクタイだけになりますので、ネクタイが1番のモテアイテムとなります。

また男性のセンスが試されるため、女性と一緒に行動するなら気を抜かないようにしましょう。

女子受けが良いネクタイの選び方

ポイントは色と柄の2つだけです。ただし色は背広やワイシャツとの相性も気にしなければいけないため、柄からセンスをアピールしていきましょう。

女性が一目置く柄は、ピンドットやストライプ、チェック、ソリッドです。

ドットは大中小と大きさが3段階に分かれており、1番小さいタイプをピンドットと言います。

斑点が小さくなるほど女性からは人気が高く、ピンドット柄のネクタイは落ち着いた印象を与えてくれます。
ストライプとは斜め線が描かれている製品です。

ネクタイ柄の王道とも言え、右上がりはヨーロピアンスタイル、右下がりはアメリカンスタイルといった違いもあります。
ストライプの幅と太さによって、カジュアルや大人らしい雰囲気と印象が変わります。

チェックは格子柄のことで、ストライプよりもデザインが豊かです。
カジュアルさが増しますので、20代や30代なら若々しさを強調してくれるでしょう。

線が太くなってしまうと幼稚になるため、注意してください。
そしてソリッドが1番コーディネートの難しい柄です。

無地のネクタイをソリッドと呼び、一切のデザインが描かれていません。
暗めの色はクールに、明るめの色は優しい雰囲気になります。

ただし黒過ぎる色は、近寄りがたい印象を女性に与えてしまうので避けるべきです。

まとめ

ネクタイの色で遊べるようになれば、粋な男性と女性からはモテます。

一般的に背広、ネクタイ、ワイシャツの順で色を薄めていくことが、スーツの着こなし方となります。

女性へのアピールのためだけに濃い色のネクタイを選んでしまうと、背広との組み合わせがおかしくなるでしょう。

モテるスーツを真剣に選んだことがなかったり、センスに自信がない時はショップの店員さんに相談すべきです。
芸能人やモデルの着こなし方をマネるという考え方もあります。

スポンサードリンク

女性にモテる男はネクタイにもこだわる?ただしい選び方とは