しゃべり上手で聞き上手なモテる男のトークテクニックとは

しゃべり上手で聞き上手なモテる男のトークテクニックとは

どうも、櫻井です。

男性で話ベタという人は大勢いると思いますが、モテ男性になるには話ベタだけではいけません。

モテ男性になるためのトークテクニックを磨いて、あなたも明日からモテ男性の一員になりましょう。

スポンサーリンク

まずは聞き上手になること

まず、口下手でも出来る、聞き上手になることが肝心です。女性は自分の話をとにかく聞いてくれる人に熱く語ります。

相談したり、冗談を言ったり、とにかくお喋りでない女性はこの世にはいないのではないのでは?と思うほど、女性はお喋りです。相手が話したい雰囲気を作り出してあげると、女性も話しやすいので、オープンにして話すことが出来ます。

そして自分のことを知ってほしいから、プライベートのことまで話してくれるようになります。

まずは女性の話を聞き留めて、頷いたり真剣に聞いてアドバイスをしてみたりすると、女性は、この人は真剣に聞いてくれているんだな、と感じて、好感を持ちます。

年齢を意識しないで話すとよい

また、トークテクニックの1つとして、社会人の場合、年齢を意識せずに話すとなお良いでしょう。下手に敬語などを使うと、自分が年上かと女性のほうが思って、なんとなく異性からの対象から外される可能性があります。

5歳程度の幅であれば、あえてタメ口で話すほうが良いでしょう。後々年齢をふとした瞬間に聞いたときに、びっくりしたように「同じ年頃だと思ってたよ!」など言うと、女性は嬉しく感じるようです。

一般的に女性は実年齢より下に見られるほうが嬉しいので、そう言われると、まだまだ私は大丈夫だわ、と思うものなのです。年齢の壁を感じずに話すことによって大人の女性でも自分を印象付けることが出来るのです。

最初から敬語をつかうとどうしてもその印象から抜け出すことが出来ず、年下の部下のままでいることになりますから、最初が肝心です。

まとめ

トークテクニックは色々とありますが、年代によってもそれぞれです。

学生の頃はお互いため口になりますし、社会人になると多少敬語も交えてくることになります。あえてタメ口で話すという行為は難しいでしょう。そんな場合は聞き役に徹するということも必要です。

女性はとにかく喋りたい生き物ですから、次から次へと話題が変わりつつもお喋りが途切れることがありません。

もし彼女にとってあなたが信頼のおける男性だとみられているのなら、相談事や悩み事などを打ち明けてきますから、その場合に真剣に一緒に考えてあげるとより一層仲が深まります。

スポンサードリンク

しゃべり上手で聞き上手なモテる男のトークテクニックとは