清涼感あるスーツがモテる男に必要?そのポイントや選び方とは

清涼感あるスーツがモテる男に必要?そのポイントや選び方とは

どうも、櫻井です。

スーツを着こなす男性は、いかにも仕事ができるイメージを醸し出し、女性も好印象を抱きます。

仕事ができるイメージから信頼感や経済的安心感、そして最近注目の清涼感からくるルックスの良さとくれば、もう女性は放っておかないでしょう。

スーツをビシッと着こなすために、清涼感のポイントと選び方をしっかり勉強しておきましょう。

スポンサーリンク

スーツは自分の体系に最も合った形がベスト

清涼感あるスーツをイメージすると、フィット感が強く、体を細く見せるようなスーツが浮かびますが、体系は人それぞれです。

ご自分の体系に最も適したスーツでなければ、清涼感は生まれません。既存のサイズが必ずしもあなたに適しているとは限りませんので、オーダーメイドをお勧めします。

今でこそ大量消費社会によって既製品スーツが大量に陳列していますが、昔は仕立て屋さんが一人ひとりに合ったサイズを調整して製作していました。

現在でも、スーツに拘る人はしっかりとオーダーメイドを利用しています。オーダーメイドといっても敷居を高く思うことはありません。

既製品をベースに、要所のサイズを調整してもらうセミオーダーだけで、十分にピッタリな清涼感あるスーツを手に入れることができます。

ウエストは細いけど太ももは太いなど、体系に悩みを抱えている方は特に既製品がフィットしに傾向があります。
セミオーダーをぜひ利用してみましょう。

高級スーツよりも無理のないスーツで数を揃える

何であっても、良いものをと求めていくと、高級品に辿りついてしまい、スーツも例外ではありません。

高級スーツでも容易に手が届く経済力をお持ちの方であれば、もちろん問題はありませんが、そうではなく、無理をして一着購入するのがやっと、という方であれば、無理をしないことです。

スーツは一着に拘るのではなく、数着を用意して、その都度使い分けたり、またはシャツやネクタイ、靴、腕時計などのアイテムにも余裕を持ってお金を割当てるべきです。

どんなに高級なスーツであっても、一張羅では格好がつきません。

毎日着ていればダメージが強く、シワが目立ったり、また色も変化させられませんから、コーディネートの幅も限界があります。

清涼感は自分の体系、そして季節や場所に適した装いをすることで生まれ、決してスーツが高級かどうかで決定するものではありません。

また、清涼感は清潔感でもあります。常に清潔なスーツを着るために、安くても豊富な数のスーツを着まわすほうが総合的な印象は良いでしょう。

まとめ

自分の体系に自信がない方は、スーツ選びに臆病になってしまう方が多いものです。それではいつまで経っても清涼感あるスーツは身に付けられません。

モテるスーツ姿は、スーツ選びから始まります。

どんなサイズと金額のスーツが自分に適しているかをお店の方と相談しましょう。

スポンサードリンク

清涼感あるスーツがモテる男に必要?そのポイントや選び方とは