【早漏克服】絶対にやってはいけない4つの早漏改善対策

早漏,改善

恐らく、早漏で悩んで いる貴方はネットでいろいろな克服方法を検索しては試していることでしょう。今回は、私が実際に試して “何の効果も感じられなかった” ネットで出回っている怪しい早漏改善法を紹介します。

スポンサーリンク

そもそも、早漏の原因がわからなければ意味がない

あなたは何故、自分がすぐに射精してしまう早漏なのかを知っていますか?

早漏を改善するには、自分がどうして早漏なのかを知る必要があります。
自分の早漏の原因がわからずに、様々な克服法を行うのは危険です。

ネット上には、まったく効果がないインチキまがいな克服法も出回っています。
私もそれらの方法に今まで散々、騙されてきました。

早漏の原因はたったの2つ

早漏の原因は「刺激」と「興奮」の2つです。

この2つの原因をしっかりと理解しておかないと、早漏を改善することができずに、ネット上に蔓延る何の効果もない克服法に振り回されることになります。

いきなり「刺激」と「興奮」と言われても、何のことだか理解できないと思いますので解説します。

「刺激」が原因の早漏とは…?

「刺激」が原因の早漏とは、ペニスが非常に敏感な場合の早漏のことです。

ペニスが敏感で感じやすいので、膣内の気持ちよさや、フェラチオの気持ちよさに耐える事ができず、すぐに射精感が込み上げてきてしまいます。

大きな特徴としては、亀頭が非常に敏感です。

試しに、お風呂で体を洗う時に、ペニスを勃起させて亀頭を親指の腹でクルクルと洗ってみてください。こそばゆいような、ゾクゾクするような感じがする場合は亀頭が敏感な状態です。

早漏ではない人は、そのような感じがなく普通に亀頭を洗えます。

他にも2つほどチェックポイントがありますが、一度に全てを紹介しても頭が混乱すると思いますので、まずは今夜にでも亀頭をチェックしてみてください。

「刺激」が原因の早漏の場合は、トレーニングをしてペニスを刺激に強くする必要があります。
刺激に強くなることで膣内の気持ちよさに耐えられることができるようになり、持続力がアップします。

『興奮』が原因の早漏とは…?

『興奮』が原因の早漏とは、普通の人よりもセックスに興奮してしまい、脳が『射精せよ!』と命令を出してしまう早漏ことです。

特徴としては、挿入をする前に射精してしまうことがあります。

・彼女に触られただけで射精してしまう。
・ゴムをつけてる最中に射精してしまう。

など、ペニスが物理的な刺激をあまり受けていないにも関わらず射精してしまうことが特徴です。

『興奮』が原因の早漏の場合は、トレーニングで必要以上に興奮しなくなることが大切です。

『スタート&ストップ法』が効果がない理由

オナニーの時に射精しそうになったら手の動きを止めて、射精感が納まるのを待つ。
それを何度も繰り返すことで射精を我慢する力をつけるというトレーニング法です。

まったく効果はありません。

冷静に考えてみればわかりますが、射精を我慢するということは、”すでに射精しそうに” なってしまっているということです。

早漏ではない人は、そもそも自分の意志に反して射精しそうになったりしません。

この方法は早漏の人が、騙し騙し射精するまでの時間を先延ばしにする方法であり、早漏を改善する方法ではありません。

早漏を改善するというのは、自分の意志に反して射精感が込み上げてこない状態になることです。

『スクイーズ法』が効果がない理由

オナニーの時に射精しそうになったら、ペニスをギュッと力強く握りしめて、強制的に射精を止める方法です。

あまりにもお粗末すぎて、言葉が出てきませんが、スタート&ストップ法と同じ理由で、効果は期待しない方が賢明です。

早漏ではない人は、射精を我慢して持続時間が長いのではありません。

ピストンをしても射精感が込み上げてこないくらい、膣内の気持ちよさに耐えられる『刺激』に強いペニスだからなのです。

早漏の原因を理解していると、すぐにインチキな方法だと見抜くことできます。
あなたもネットのデマ情報に惑わされないでくださいね。

『勃起改善薬』が効果がない理由

「バイアグラ」「シアリス」「レビトラ」といったED治療薬が早漏に効果があるとされていますが効果はありません。

これらの薬は当たり前ですが、勃起をさせるための薬です。
ギンギンに勃起をすると力強そうに見えるので、このような事をいい出す人がいるのだと思いますが何の根拠もありません。

ギンギンに勃起することで、ダイレクトに膣内の気持ちよさを感じてしまうので
「刺激」に弱い人の場合は、より早く射精してしまう場合もあります。

誤った服用によって死亡する例もありますのでご注意ください。

『包茎手術』が効果がない理由

包茎の人に早漏が多いのは事実です。
なので、包茎を治せば早漏も治ると考えている人が多いです。

実際に美容外科の広告にも、そのような事を匂わせる謳い文句が書かれています。

これも早漏の原因を正しく理解していれば、間違いだということに気がつきます。

包茎の人に早漏が多いのは、亀頭が常に皮に被われているため敏感だからです。

・包茎だから早漏

ではなく、

・包茎で亀頭が常に皮に被われていて敏感だから早漏

なのです。

つまりは、『亀頭が敏感』というのが本当の原因です。

亀頭を鍛えれば早漏は治りますが、包茎手術をしても亀頭が敏感なままなら、ずっと早漏のままです。

くれぐれもご注意ください。

→早漏を克服して15分持続する方法

スポンサードリンク

早漏,改善