男性慣れしていない女性とスキンシップを取る3つのコツ

女性とスキンシップをとる方法

男性慣れしていない女性とスキンシップを取るには、逆に相手が嫌がるスキンシップも覚えておく必要があると思います。

こういう女性は、繊細な人が多いため十分に気をつけてあげないといけないため、その嫌がる行為は厳禁になってきますので、それを覚えることはとても重要と言えます。

相手の嫌がるスキンシップを紹介しながら、男性慣れしていない女性とスキンシップを取るコツを挙げていこうと思います。

まず基本的なことですが、男性慣れしているしていないに関わらず絶対にやってはいけない行為があります。 それは、いやらしさを出したスキンシップや気持ち悪がれるような行為で、付き合ってもいない女性にする行為ではありませんし、ましてや男性慣れしていない人だと、それだけで怯えてしまいかねません。

スポンサーリンク

1.ベタベタする行為は厳禁

男性慣れしていない女性に、何をするにあたっても距離が近すぎることはあまり歓迎されません。

べったりくっつくのは当然として、デートの間でちょっとずつその距離を縮めていくのもあまり良くはないと思います。

このようなスキンシップは、嫌と思う気持ちと同時に気持ち悪いと感じてしまうことがあります。
具体的にどんな例があるかと言いますと、手を繋いだり、髪の毛に触れたり、腰に手を回したりと、ベタベタとするような行為は、そんなに仲が深まっていない男女では、嫌われてしまう傾向にあるでしょう。

男性慣れしていない女性だと、その場ではっきりと言えない人もいますから男性は、何も言わないから了承しているものだと勘違いして、エスカレートしていく場合もありますので、このようなスキンシップを取りたいならまず相手に一言言ってからスキンシップを取るのがコツだといえるでしょう。

それに、いきなり手を繋ぐ行為は、ビックリしてしまいますし、空気の読めない人とも思われてしまいますが、相手の手が冷えていたり、何か荷物を持っていたりしたら手を繋ぐチャンスなので、こちらから提案するように話し掛ければいいと思います。

2.自然と触れ合うタイミングを作る

髪の毛に触れる行為もダメだと書きましたが、頭を撫でたり、ポンポンと軽く叩いたりするスキンシップは良いとよく聞きますよね。

それは、ちょっと慣れたカップルがすると良いスキンシップであって、初めてのデートや男性慣れしていない女性だとビクッとなってしまうでしょうし、髪の毛や腰から下などは、もっと仲がよくならないと触ってはいけない所だと覚えておきましょう。

無理にスキンシップを取るのはいけないので、自然にそういう流れになるようにするのがコツと言えます。

遊園地など人が多い場所にデートに行ったとすると、そういう場所は人が一杯いて、はぐれてしまう危険性もあり、人の流れも激しいので、手を繋ぎやすい環境でもあるでしょう。

相手にとって、ここで手を繋いでも気遣いと取ってくれると思いますし、後で言葉にして「いきなり手を繋いでゴメンね」みたいな感じでフォローしてあげれば、安心感も与えられ、その男性にも少しずつ慣れていくのではないでしょうか。

こういう自然な感じで、体に触れる時間や機会が多くなってくると相手も次第に慣れてきて、自然と手を繋いでいる状態になっているかもしれません。

3.逆に甘えてみる

その他のコツとしては、こちらからではなく、相手からもスキンシップを取ってもらうように仕向けたらいいと思います。

男性はちょっと恥ずかしいかもしれませんが、思い切って甘えてみるのもいい手で、男性慣れしていない女性は、あんまり自分を前に出しませんので、それを引き出すような感じで会話をしてあげればいいでしょう。

いきなりおねだりやお願いは難しいですが、提案したり、女性を立ててあげたりするのもいいかもしれませんね。 全体的なコツとしては、程よいスキンシップを取ることが大事で、何ごとも過剰な行為は嫌われてしまいます。

男性慣れしていない女性とスキンシップを取るコツは、自然な流れの中、相手の了承を得る、向こうからスキンシップをしてもらうのにこの3つを意識していればいいと思います。

スポンサードリンク

女性とスキンシップをとる方法