嫌がられないスキンシップ4つの方法

スキンシップの方法

女性とスキンシップを取りたいと多くの男性が思っていることで、これは自然なことです。

そのためには、嫌がられないことが大切で、どういったスキンシップを取っていけばいいのでしょうか。

一見嫌がられそうなボディタッチでも、されている本人が納得したり、嫌がっていなかったりしたら全然大丈夫だと思って下さい。

そのようなスキンシップの方法をいくつか紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.紳士的な振る舞いをする

多くの女性は、付き合ってもいない男性には、そんなに気を許していません。

ですから、ベタベタしてくる行為は、気持ち悪がられますし、腰に手を回す行為もすぐに下心があるんだなと感じて、悪い印象しか持たれないでしょう。

でも、そんなボディタッチでも嫌がれないスキンシップはありまして、映画でよく見るような紳士の男性が女性をエスコートするときに軽く腰を手に当てる場面を見たことがあると思います。

そのように、建物に入る時や座席に座る時にさりげなく自然な流れで添えるようにしてあげる方法がよいですし、悪意があると女性に捉えられないでしょう。

こんな風に自然な優しさを優先したスキンシップの方法もあります。

2.危険から身を守ってあげる

また同じようなことになりますが、危ない時や何かが迫ってきた時に自分の方に女性の身体を引き寄せる行為も相手はそんなに悪い事だとは思っていません。

外を歩いている時に、急に何かが飛び出してきた時や混んでいる街中や電車の中でもそういう場面に遭遇することがありますし、女性のためと思ってやる行為なので大丈夫でしょう。

フラフラとしていたり、転びそうになったりした時も有効で、相手の女性は頼りがいのある人だなと逆に感じてくれるスキンシップの方法になりますし、女性は敏感なので下心は無しで、何かあれば守ってあげるぐらいの気概を持って接した方がいいでしょう。

3.自然な流れで日常的なボディタッチを!

他にもスキンシップ色々な方法はあります。

手相を見せてと言って、手を取る方法はありましたが、今だとあまり通用しない方法になっていて、綺麗なネイルを見せてと言って、褒めてあげる方がマシな方法だと言えるでしょう。

また髪の毛の方が自然と触れやすく、ゴミが付いている時に取ってあげたり、枝毛を見つけて指摘してみたり、とごくごく自然な行為でボディタッチができる方法になっています。

他にも工夫次第では、特別な状況ではなくても日常的なことでボディタッチというスキンシップができるのですが、これらに共通するのは、長い間触ってはいけないということです。

日常的で自然な行為なのですから、長く触るのはおかしく、そんなことをしていたら相手の女性にとても不信感が募ると思いますので、気を付けるべき点になっています。

4.優しく合図してあげる

「疲れたでしょ」と言ってマッサージをしてあげる行為もありますが、あれはあんまり仲が良くない時点では控えた方がいいと思います。

髪を撫でるのはダメですが、頭をポンポンと叩いて、励ます時や待っている時に気付かしてあげる時に軽くするのはいい方法かもしれませんが、その時の状況によって判断しましょう。

また合図で肩を叩くのもありますが、これらの行為をするなら中途半端にしたらいやらしさが出るので、はっきりと行なった方がいい方法になるでしょう。

基本的に嫌らしくなく紳士的な対応でしたら大丈夫ですし、相手の女性がそれを拒んでないのならOKとまでは言いませんが、悪いことではないのでしょう。

付き合いが浅い男女のスキンシップは、短いものなので、触りたいからと下心を持って長く触るのが一番ダメなのです。

このように4つの方法を参考に提示しましたが、触られるのが全く好きではない女性もいますので、ボディタッチをしてスキンシップをしたいものですが、会話でのスキンシップも大事にしていって下さい。

スポンサードリンク

スキンシップの方法