モテない男のひがみに注意?モテる男が絶対にやらない事とは

モテない男のひがみに注意?モテる男が絶対にやらない事とは

どうも、櫻井です。

モテない男性とモテる男性の違いはひがみにあります。
モテる男性が絶対やらない習慣をモテない男性のひがみを交えて、参考にしていこうと思います。

スポンサーリンク

モテる人は自慢は言わない

基本的にモテる男性の多くは自分に余裕があります。

経済力だったり、精神面だったり。

男性の魅力がその人に余裕を持たせ、自信につなげるのです。

そうした人は自分から自慢話をしません。

どんなに経済力や社会的地位がある人でも、自分からその事を周りにアピールすることはありません。

周りの人がお金持ちだと褒めることはあっても自分から自慢話をしない。

そうして謙虚な気持ちがその人の魅力を高め、女性が魅力を感じるのです。

モテない男性は自分でアピールする

基本的にモテない男性は自分に自信がなく、その穴埋めをしないと心が落ち着くことはありません。

顔がイケメンでない、年収が少ない、恋愛経験が少ない、女性から告白された事がない。
こうした心の隙間を自分で埋めるために、周りの人に自慢話をするのです。

自慢話が多いという事は、それだけ自分に自信がない事。
それをアピールしている事にもなります。

自分でアピールしないと、自分という人間を自分の中で認めることができないのです。

それで満足できれば害はありませんが、それでも満足できないプライドや自己満足の高い人は、モテル人や成功者のひがみへと変化していきます。

まとめ

ひがみは心の病気かもしれません
ひがみは自慢話でも心の隙間を埋めることができない人の病気のような存在です。

自慢話だけでは、自分を保てない人がモテる人・成功している人を攻撃しないと、心が休まらないのです。

ただし、ひがみは基本的に噂ばなし程度の情報で充てになりません。

その人の悪口を言いたいだけなので、本当に心が休まることはありません。

結果として、ひがみ続けなければいけない心の麻薬のような存在になります。

自分ではひがみや自慢話をしているつもりがなくても、それをしないと自分の全てが無意味や虚しいものになってしまう。
それがモテない人の特徴でもあります。

モテる人は自分の中の売り要素を知っているので、無駄な自慢話やひがみをすることはほとんどありません。

人間なので、自信のない時があれば愚痴やひがみを起こすこともありますが、それがどんなに愚かなことなのかモテる人は知っています。
自分がひがみをしてしまうのは、自分に自信がないだけなのかもしれない。

心の中でそう思うだけでも、周りの目線は違ってきます。

スポンサードリンク

モテない男のひがみに注意?モテる男が絶対にやらない事とは