気になる女性にメールを送る時の6つの注意点

メール,注意事項

まだ付き合っていない段階の気になっている女性にメールを送る時の注意点はいくつかあります。

気に入られようとあの手この手でメールをして色んな内容で攻めていくのだと思いますが、間違ったメールの送り方をすると嫌われてしまいます。

これから挙げる注意点を守って、気になる女性と仲良くなっていって下さい。

スポンサーリンク

1.馴れなれしいメールはまだ送らない

馴れなれしいメールを送るのは厳禁です。

相手との関係にもよりますが、日常的な報告や甘えた言葉を入れたメールはあまり使わないようにして下さい。

元々友達付き合いがある女性にメールを送る場合は、制限をゆるくして、普段過ごしている通りのキャラのまま素直にメールしてもいいと思います。

2.絵文字を使ったメールも控えた方がいい

絵文字をたくさん使ったメールを送ることはあまり良くはないでしょう。

付き合っている彼女になら絵文字や顔文字を使って気持ちを表現することはいいですが、まだ付き合ってもない女性に絵文字がたくさん入ったメールを送ると気持ち悪いと思われてしまう可能性があるでしょう。

なるべく堅い文章にしたくないと思う人もいるでしょうが、まじめな印象を相手に与えておいて付き合ってからのギャップ効果もありますから、絵文字はなるべく使わない方がいいと思います。

3.感情がこもったメールを送り過ぎない

ガツガツとしたメールをすると嫌われてしまいます。

これは誰でも分かる一番やってはいけないことですが、つい気分が舞い上がってしまいメールを送り過ぎてしまうことがあると思います。

気持ちを落ち着かせることが大事で、書いた文章をもう一度最初から読み直してみることをお薦めします。

そうするとおかしな点が何ヶ所か見つかると思いますし、恥ずかしい文章もあるかと思いますので訂正しないといけない点が見つかるでしょう。

ガツガツとしたメールを送らないようにするためには、あまり自分の感情をぶつけ過ぎないようにしないといけないのではないでしょうか。

4.意味のあるメールを考えて送るのがコツ

中身や意味のあるメールを送ると良いと思います。

相手の反応が知りたいためだけの適当なメールや、日常的な他愛ない質問メールをいきなり送られてきても迷惑に思いますから、ちゃんと送ることに意味がある内容やこれから必要な情報を書いたメールを送るといいでしょう。

注意点として励ましやアドバイスを送ってくれると誰でも嬉しいですが、必要以上なことを送ると干渉し過ぎになりかえってマイナスになる可能性もあるので注意しておいて下さい。

5.向こうのリズムに合わせて返信すればいい

女性は付き合ってもいない人に束縛されることを嫌いますから、何回もメールを送ったり催促したりすることしないで下さい。

返信がゆっくりでも問いただすことをしてはいけませんし、向こうもリズムがあって自分だけを相手にしている訳ではありません。

返信がないと「メール届いているよね?」と催促してしまう人や頻繁にメールをする人がいますが、一歩間違えばストーカーのように思われてしまいます。

6.いくら意味があっても重すぎる内容はNG

意味のあるメールでも相談メールは中身を確認してから送った方がいいと思います。

その相談の中身が軽い内容で冗談も入ったようなものだといいのですが、重すぎる内容は付き合ってもいない人には早すぎるでしょう。

これと同じように、「好きだ」などの気持ちをそのまま送るのも引いてしまう要因ですので、注意点として覚えておいて下さい。

 

細かいことや具体例を挙げれば、まだまだ送ってはいけないメールはたくさんあります。

気になっている女性にメールを送る時は、いつも以上に気に掛けて文章を作って、完成したら必ず読み返すようにしておいた方がいいでしょう。

楽しいメールのやり取りやこれからの進展を望むには、このような注意点を守って相手の女性のことも考えてからメールをしましょう。

間違ったことを書かなければ、気になった女性と深い仲になれるかもしれません。

スポンサードリンク

メール,注意事項