女性にモテる男はどれくらい積極的なの?ちょうどよいバランスとは

モテる男,イケメン

どうも、櫻井です。

女性にいつまでも奥手のままだと、モテるキッカケにも恵まれません。

臆病にならない積極的な心構えが必要で、また一方で、積極的過ぎてしまうのも女性に身構えらて嫌われかねないので、ちょうどよいバランスが求められます。

このバランスを見極めるにはまず、女性を異性として意識しすぎないことが、重要です。

スポンサーリンク

そもそも男女で分けた付き合いかたをしない

男性が同性の友達を作るとき、相手が女性のときほどの緊張はないはずです。恋愛感情の可能性を探らないためです。

女性に対しても、男性が相手の場合と同じように接することができれば、恋愛感情に惑わされることもないので、積極的なアプローチができるようになります。

気持ちというのは意識しなくとも感情や行動、言葉に表れてしまうものです。

女性が、自分に対して純粋に親しくなりたい気持ちから交流してくれていると感じれば、身構えてしまうこともありません。

友達感情から恋愛感情に発展することは、もちろんあるものです。

女性を男性の友達と同じように積極的に交流するためには、まず、モテたいという気持ちの抑制が必要です。モテたいという気持ちは、女性にとってはやましい思いと通じています。

女性は男性の気持ちを見抜く能力があると思っておきましょう。

まずは自分の生活環境において、女性という存在が当たり前にいる状態を求めることに対して積極的になりましょう。
これに関しては、バランスを難しく考える必要がないため、簡単なはずです。

恋愛関係の場合は男が積極的にリード

恋愛関係においては、基本は男性が積極的にリードする形を目指しましょう。

女性は自分の背中を支えてくれたり、前に進めてくれる頼もしい男性が絶対に好きとは限りませんが、嫌いということはありません。積極さにかけては、女性をやきもきさせてしまいます。

デートを誘ったり、イベントを企画したり、ロマンチックな場面を女性に任せっきりにしてしまわないよう積極的に行動しましょう。

もちろん、積極的過ぎるリードは女性を束縛したり、自立心の強い女性もいますから、この場合はバランスが求められてくるでしょう。

バランスは相手の女性によって異なり、これという基準はありません。相手を良く知り、どれくらいの積極さを求めているかを判断し、彼女にあったバランスを知って行きます。

これは、友達関係の女性に恋愛感情を抱かせてモテる場面でも同じです。このバランスの見極めが上手い人ほど、モテる男と言えるでしょう。

まとめ

モテる男はただ女性に対して積極的なだけでなく、異性ということで臆することがなく、また相手の女性によって積極さのバランスを調整しています。

これは簡単に身に付けられるようなテクニックではありませんが、相手を理解しようとする気持ちがあれば、難しくはないはずです。

女性と親しくなりたければ、勇気ある積極さと、個々に対してのバランスを身に付けていきましょう。

スポンサードリンク

モテる男,イケメン