余裕ある受け身の恋愛でモテる男になる方法!

モテる男は余裕がある

一般的に女性は恋愛に対して受け身で、男が積極的になるべきと言われます。

ですが受け身にも関わらずモテる男がいるのも事実です。

スポンサーリンク

受け身でもモテる方法

男が受け身になるということは女性からある程度のアプローチをかけてもらわないといけません。

つまり女性から行動を起こしてもらうわけですがこれではモテるなんて不可能にも思えます。

ただ、ここで注意したいのは受け身と言っても何もしないわけではないという点です。

モテる方法としての受け身はあくまでも積極的なアプローチをしないことで、やはり気になる女性は声をかけるべきなのです。

そこで好意を持っていますよとはっきり伝えるのではなく、友人や職場の同僚として接し、焦っていない姿を見てもらうのがポイントです。

女性からすれば恋愛経験豊富で、がっつくタイプではないんだと映ります。

女性はどんなことでも経験豊富な男が好きで、恋愛に関しても極端な話これまで女性と付き合ったことがない男は敬遠されがちです。

つまり受け身になることで逆に恋愛に慣れていることをアピールする形です。

食事に誘ったりする時も自然に、場合によっては2人きりではなく他の友人も混じえて誘います。

一気に距離を縮めようとするのではなくある程度の距離感を維持するのです。

すると女性は焦らされている感じがし、積極的にアプローチされた時よりもその男のことを意識するようになります。

こうなれば相手からアプローチをかけてくることもあるでしょうし、こちらからアプローチしても成功する可能性が高いでしょう。

余裕が大切

受け身でモテるためには余裕を持つことが最大のポイントです。

恋愛に興味がないわけじゃなく、余裕があるから急がないと思ってもらうようにしましょう。

自信がある男もそうですがどーんと構えて動じない男は女性によくモテます。

余裕があるからこそ受け身でいられ、それが結果的に女性を惹きつける要因になります。

なかなかの上級テクニックと言えますがこのテクニックを使えるようになった人は立派なモテ男でしょう。

積極的に攻めることも大切ですが、時にはあえて受け身の姿勢で相手の様子を伺うのもおすすめです。

まとめ

受け身の恋愛を成功させるには余裕が必要で、女性に器の大きい人なんだと感じてもらわないといけません。

やり方を間違ってしまうといつまで経っても恋愛関係に発展しませんのでそこに注意し、受け身の中でさりげなく自分をアピールするように心がけましょう。

スポンサードリンク

モテる男は余裕がある