社内で気になる女性と仲良くなる4つのコツ

社内恋愛,モテる

多くの成人男性は、社内恋愛にて彼女と出会っています。

学生の時のように、毎日一緒の空間にいるのですから、そうなるのは当たり前でしょう。

ですが、年齢も経歴もバラバラで接点が見つかりにくいのも事実です。

そこで、会社で働いている中で気になる女性と仲良くなり、社内恋愛をするにはどうしたらいいのか、そのコツを説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.積極的な人ほど仲良くなりやすい

社内で気になっている人に接点を持つには、当たり前ですが、積極的になる必要がありますが、仕事を手伝ってあげるなど仕事つながりでアプローチすればいいでしょう。

どういう会社や部署にもよりますが、気になっている女性が困っていたり、悩んでいたりしているなら手伝ってあげるなり、相談に乗ってあげるといいと思います。

これだと自然に近づくことが出来て、優しさを見せ、女性に好印象を持たれることは間違いなしだと思いますし、仕事ができる人だなと感心さけるのではないでしょうか。

2.頼れる人というだけではただの便利屋になってしまう

そうなってくるとだんだん女性の方から仕事のことで相談されることが多くなってくると思うので、ここで的確にアドバイスをするようにして下さい。

仕事仲間として、信頼されてきますので、話す内容も濃くなり、仕事以外の話題を話すことも多くなるでしょう。

まだプライベートで会う段階ではないですが、この相談の中で、頼りがいのある所や優しさを出しておいて、男らしさをアピールするのが一つのコツだと思います。

そうしておかないとただの便利な人で終わってしまう可能性があり、ここが大きな分岐点と言えるでしょう。

3.社内ではなるべく仕事以外の話をしない

会社の中で他にも注意することがあって、お目当ての女性以外にも当然他の人は働いています。

話し声や噂は広まるものですので、他の女性と妙に優しく接しすることや下品な会話や変な趣味の話はしない方がいいでしょう。

直接他の女性と話している所を見られるのは仕事上あることなので、仕方ないのですが、噂で尾ひれ付きで広がったら取り返しが付かないことがあるので、気をつけて接するべきでしょう。

ですから、社内では女性が嫌がる会話はできるだけしないようにして、他の女性と会話する機会があれば、あまり親しげにしない方がいいかもしれません。

4.飲み会は必ず出席しましょう

会社で働いていると飲み会や付き合いがあると思います。

そこに気になった女性が同席しているなら必ず隣に座るようにして、アピールしていきましょう。

素の状態の女性を見られるチャンスでもありますし、逆に普段の自分を見せてアピールできる場でもあるのです。

会社内と違って、プライベートな話がしやすいですし、思い切ってデートに誘うこともやりやすいでしょうし、社内恋愛するには必要な機会でもあるのです。

またお酒が入っているとノリで話しやすいと思いますが、ハメを外し過ぎることもあり、注意して行動しないと「普段は真面目な人なのに」と嫌われる可能性もあることを覚えておいて下さい。

 

会社では色んな立場の人間がたくさんいますので、社内恋愛をすることで周りに迷惑を掛けるようなことはできません。

そして、恋愛をすることによって、仕事への影響が起こることがあっては、絶対にならないことは肝に銘じておいて下さい。

仲が良い段階だといいのですが、喧嘩をしている時など気を遣わせるなど周りにも悪影響がありますので、十分に気を付けないといけないでしょう。

このような悪影響を考えて、社内恋愛を禁止している会社もありますので、隠れて付き合うのならバレないようにするのは当たり前だと思って下さい。

社内恋愛で大事なのは、プライベートと仕事は違うとハッキリ割り切ることで、仕事場では同僚として仲良く付き合うようにしましょう。
このようなことを意識して、気になった女性にアプローチしてみましょう。

スポンサードリンク

社内恋愛,モテる