女慣れしていないと思われる発言 8選

女なれしていないと思われる発言

「あ、こいつ女慣れしていないな」とすぐバレてしまう人っていますよね。

モテない男性とは、大抵の人が女性慣れしていません。また、女性にモテるためには、女性慣れしていないと気付かれてはいけないのです。

では、いったいどのような発言が女性慣れしていないと思われるのでしょうか?

女性慣れしていないと思われる発言を8つ集めてみました。

スポンサーリンク

1.やたらと丁寧な口調

女性慣れし過ぎてやたらと馴れ馴れし過ぎる口調も考えもの。

親しくなる前は、社会人として有る程度礼儀というものをわきまえておきたいものです。

しかし、同世代だというのに、度を超えた丁寧な口調でしゃべる人もいますよね。

あまりにも堅苦しいしゃべり方だと、なかなか親しくなる機会を持てません。

2.どもる

「あ、あの・・」「え、え、えーっと・・」

やはりどもりがひどいと緊張しているのもバレバレです。

しかし、どもりは、単に女性に対して緊張しているということだけが原因じゃないかもしれません。

治すのは難しいですが、どもりを気にしたら余計に酷くなるので、とにかく気にしないようにすることです。

3.どうせ俺なんて・・ネガティブ発言

「どうせ俺なんて」「やっぱ駄目だよね」

ネガティブなことを打ち明けるのは、ごく親しい人だけに留めましょう。

本人は謙遜しているつもりなのかもしれませんが、ネガティブな発言ばかりをする人は、自分に対して自信の無い人としかとらえられません。

男性も女性も、ポジティブで明るい人がモテるのです。

4.女性の前でも空気を読まず下ネタ

男性同士の場と女性がいる場の区別がつかない人がいます。

女性もいるということを考えず、男性同士で話すようなどぎつい下ネタをバンバン連発して、女性陣を凍りつかせている男性はいませんか?

つまり、空気の読めない人ですね。

これまで男とばっかり遊んできたので、何が嫌がられるのかが分からないのかもしれません。

5.「俺が俺の」自分の話ばかりをする

モテる男性は、女性の話を聞くのも上手です。
反対に、自分の話ばかり話すひとは独りよがりな印象を与えます。

人の話をまったく聞かず自分の話ばかりを一方的にする人は、男女関係無くコミュニケーション能力に欠けているのかもしれません。

6.スポーツやギャンブルの話題ばかり

野球やサッカー、プロレス、または麻雀、競馬・・
そんな話を延々とされても、興味の無い人にとっては退屈すぎます。

女性でももちろんスポーツやギャンブルが好きな人もいますが、少数派です。

相手の好みも知らず、自分にしか分からない世界を語る人って、やはり女慣れしていないのでは?と思われます。

モテる男性だって、もちろんギャンブルやスポーツが大好きな人はいます。

しかし、女ウケの悪い話題を、あえて選んで話すことはありません。同じ様に株や車、釣りなどの話題もいけません。

7.大丈夫?○○でもいい?・・と気を使いすぎる

合コンの席でもデートのときでも、あまりにも気を使いすぎる発言は、女性の顔色をうかがってばかりで自信なさげに見えます。

しょっちゅう確認の言葉を発するということは、相手の反応が良く分からないということ。

つまり、女性に対する接し方に、自信が無いのです。

8.女性を名前で呼べない

名前で呼ぶと恥ずかしいのか、いつまで経っても女性を名前で呼べず名字で呼んでしまいます。

もっとひどい場合は、「あの」とか「ちょっと」なんて呼び方をする人もいます。

コミュニケーションに長けている男性は、年上の女性にだって「○○さん」と下の名前にさん付けして、すぐに親しくなれます。

ずっと名字にさん付けをする人は、女慣れしていないか、あえて距離を置こうと線引きしているように思われます

スポンサードリンク

女なれしていないと思われる発言