次に繋げるデートをする6つのコツ

デート,2回目

初めてデートに誘うことができたらとても嬉しいことだと思います。
しかしここで失敗してしまうと2回目のデートはないかもしれません。

次のことを考えながらデートはしにくいことですが、次に繋げるのなら気を遣うようなデートをした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

1.まずは定番コースから

デートプランを考える時に、思い切ったデートコースにするより無難なものにした方がいいでしょう。

遊園地みたいな二人で楽しめる人気コースで楽しい一日にするのもいいですし、動物園などの定番コースを選んで、ゆっくり楽しむ感じにしてもいいでしょう。

次を考えるなら下手にリードして、自分色を出すより、相手の女性の希望か無難な所にして下さい。

2.落ち着いた雰囲気が大切

ちょっとでも自分がイライラしたり、雰囲気が悪くなったりしたら2回目のデートはないと思って下さい。

デート中の待機時間、車の渋滞、食事の時など混雑する場所はたくさんあり、待ち時間でイライラすることがあるかと思います。

そんな時でも落ち着けるようでないとダメですし、逆に相手の女性に体調が大丈夫なのか声を掛けて、気遣いを見せてあげることが必要ではないのでしょうか。

3.女性のために休憩時間を取り入れる

相手の女性を気遣うためにデートの間に休憩時間を入れるようにしましょう。

カフェに入って、女性が好きなスイーツを頼んであげることもいいですし、
休憩時間にカフェに行って夕食も行くのなら、軽めに食べられる場所を選んだ方がいいと思います。

それは、相手の女性がダイエット中や食べる分量を気にしていた場合、カフェに無理に付き合ってくれたのだから配慮している所を見せましょう。

4.女性のお洒落な所を褒めてあげる

次に繋がるデートをするためには、女性を褒めていい気分にしてあげることは必要になってきます。

お洒落をしてきた点や普段とデートで違う点があれば、お洒落を頑張った所を重点的に必ず褒めてあげるようにして下さい。

こういう細かい所に気付くような人だと、ちゃんと見てくれていると感じて、また気合を入れてお洒落をしてくれると思うので、2回目のデートに繋がっていきます。

またお洒落な所を褒めるにしても、ただ「可愛いね」というより、どういった所が自分の好みかなど主観的な部分をちょっと具体的にして褒めるといいかもしれません。

5.相手に自分のことを知ってもらう

次のデートを考えているなら相手の女性に、自分がどんな人間なのかゆっくりと話す必要があるでしょう。

二人でいる時の素の自分をある程度、女性に教えておかないと緊張してしまいますし、分からない人と2回目のデートをしてくれないと思います。

ですから落ち着ける場所で、話すこともデートプランに組み込んで、会話が続くように質問形式でお互いに会話を続けたらいいでしょう。

会話をする時は、常に笑顔で穏やかな雰囲気にして、心地よい感じにできたら完璧だと思ってくれていいと思います。

6.割り勘でもある程度負担した方が好印象

食事の時の会計も先に支払いを済ませておくのがいいですし、割り勘にしようと提案された場合のテクニックがあります。

割り勘にしようと言ってくれたことをいいことに、キッチリ半分に計算する人は嫌われてしまうので、スパっと金額を言ってあげましょう。

この時心持ちこちらが多く負担してあげて、気にしていないようにするといいのではないでしょうか。

 

次に繋げて2回目のデートを望むのなら、失敗しないことを前提に、気を遣っていってあげるといいでしょう。

それに、ある程度お互いの一面を見せ合って、「次はどんなデートができるんだろう」「もっと楽しいことがありそう」とワクワクな期待感を残してあげることが重要になってきます。

それで、この人なら安心できると相手の女性が思ったのなら2回目のデートを了承してくれるのではないでしょうか。

2回目のデートはデートで作法があるのですが、1回目のデートが満足した結果だからといって奢らずに頑張って下さい。

スポンサードリンク

デート,2回目