気になる女性のメールアドレスを聞く5つの方法

メールアドレスの聞き方

気になっている女性のメールアドレスをどうにかして聞く方法はないかと悩んでいる方が多いと思います。

自然にメールアドレスを聞く機会もそうそうないですから自分でそういう流れを作る必要があります。人によりますが、女性は、男性に電話番号やメールアドレスを頻繁に教えることは少ないでしょう。

そういった時に、どうやってメールアドレスを聞きだすかをいくつかに分けて、アドバイスしたいと思います。

スポンサーリンク

1.写メールを活用しよう

まず大事なのは、唐突にメールアドレスを聞くのではなく、話の流れに乗ってキッカケを作る必要があります。

初めは「どんな携帯使ってる?」という感じで軽い話を始めて、そういう方面の流れを作るのがいいかもしれません。

写メールで、風景や可愛い物、変わった物を撮ったり、気になる女性と一緒に撮ってみたりしたら、その画像を見せて欲しいや送ってと言われる可能性が高いです。

また、予め女性や気になる相手が好きそうな画像などを用意していて、見せてあげることによって、同じように「私にもその画像送ってよ」という風になるかもしれません。

このような写メールを使ったメールアドレスの聞き方がまず考えられるのではないでしょうか。

2.パーティーの幹事に立候補する

もっと単純な話で、携帯がどこかに置き忘れたという感じを装って、女性の携帯で電話をしてもらうという方法もありますが、これはなるべく二人きりの時の方がいいでしょう。

こういうメールアドレスを聞きたい時は、一対一では緊張してしまいますし、できるだけ多人数での教え合いの流れができたら一番楽になると思います。

例えば、勉強会やパーティー、飲み会などの集まりをする時に、お互い連絡先がないと不便になると思いますので、思い切ってこういう時の幹事に立候補してみるといいでしょう。

全員に教え合う流れだといいのですが、調整役でもあるまとめ役だけがメールアドレスや電話番号を知る時もあるからです。

この聞き方だと確実にメールアドレスをゲットしますし、自然な流れで連絡することができるでしょう。

3.相談や趣味の話で盛り上がる

友達ぐらいの仲の良さでメールアドレスを知らない時は、相手に映画のDVDやCDを借りるのもいいかもしれません。

返す時に連絡も必要になりますし、自然な流れでメールアドレスを知ることができると思いますし、その借りた物の感想や趣味の話ができるので、次からの送るキッカケも楽になりますし、共通の話題が増えて仲がさらに深まるかもしれません。

別に趣味関係のものだけではなく、勉強や仕事関係でもいいですし、その場合は勉強や仕事の相談をメールでできて、緊張せず相手とやり取りできるので特にお薦めのメールアドレスの聞き方だと思います。

4.まずはSNSの利用から誘ってみよう

今は、TwitterやFacebookなどのSNSが流行っていますから、まずはメールアドレスより先にアカウントを聞くのもいい方法かもしれません。

SNSのアカウントを教えることは、電話番号などを教えるより抵抗感はあまりありませんし、頻繁にSNSを使う人は四六時中使っている人もいますので、そこから仲が良くなることは結構あります。

設定をしていないと交流が公開されてしまいますが、友達感覚から始めるには、良いキッカケを作ってくれるでしょう。

5.あえてメールアドレスの話題をしてみる

直接メールアドレスの話題を振るという考えもあります。

「自分はこんなアドレスなんだけど、どんな設定してる?」や「アドレスに誕生日や名前が入っている?」など聞いてみるのもいいでしょう。

そういう話の流れだと「じゃあメールアドレス交換しようか」という風になりやすいです。

しかし、この聞き方には問題点があって、聞く人が聞かれる人に対して、どれだけ信用されているかも試されているので、この聞き方をして、そういう流れになってメールアドレスを教えてくれない場合もあると想定しておかないといけません。

あくまでもキッカケを作るだけで、相手に自分が教えても良い人によって変わってくるでしょう。

このような5つのメールアドレスの聞き方がありますので、自分の立場や相手の立場を考えて、アレンジして挑戦してみて下さい。

スポンサードリンク

メールアドレスの聞き方