女性をリードする上で注意する4つのポイント

女性,リード

女性をリードしてあげる男性にならないと、頼りがいがない、刺激がないと見られうまく行かない場合が多いです。
優しいだけでは、女性にモテませんし、女性を引っ張ってあげる必要があるのです。
そうならないように、リードする訳ですが、リードする時の注意点を何点か挙げていきたいと思います。

スポンサーリンク

1.空気を読む力が必要

女性をリードする時の注意点で大きなものがあります。

それは、リードをするということは、男性が強引に女性のことを言い聞かせるということではありません。
これを勘違いして、リードすると空気が読めない人になってしまう人になって嫌われるかもしれませんし、それでも付き合えたとして、DVに走る可能性もあるでしょう。

正しいリードとは、女性がやって欲しいことを男性が気持ちを汲み取って提案したり、やってあげたりすることだと思います。

2.女性を喜ばしてあげる気持ちが大切

自己満足ばかりのデートをしていませんか?
女性の意思が混ぜっていないデートは、独りよがりで女性はあまり気持ちいいものではなく、楽しさも半減でしょう。

同じ場所にデートに行くとしても「行こう」と言うより「○○だから行かない?」と相手の女性の気分に合わせて誘ってみる方がいいと思います。

リードの仕方として、自分が連れて行ってやる的な男らしさを見せるのもいいのですが、エスコートするように誘ってみるのもアリです。

ポイントとしては、相手の顔色を窺うのではなく、相手の女性と行きたい理由を付けて頼むことで、相手の言う通りにデート先を決めていたらリードする意味がないのではないでしょうか。

3.日頃から女性の好みを意識しておく

このようにリードするためには、女性の気持ちを汲み取る力も必要なのですが、相手の趣味や何が好きなのかを知っていることも必要で、日常会話をする時に意識的に調査しているといいでしょう。

こういう調査は、積み重ねでやる程怪しまれないので、デート前だからといって、急に好みの食べ物やどんな場所に行きたいかと聞いても、不自然になるので、日頃からしといた方がいいと思います。

ある程度の調査をしていないデートで女性のやりたいことが分からず、女性の行きたい場所を聞きながらデートしているようでは、リード以前に頼りがいがない人と見られてしまうでしょう。

4.ちょっとした気遣いができる人になる

どうしてもコミュニケーションが取るのが苦手な人は、態度でリードをしてあげないといけません。

例えば、ドアを開けてあげることや車道側に自分が歩くといった初歩的なリードですが、これでも充分に優しさは伝わると思います。
言葉も重要ですが、こうした気遣いが大事なので、喜んでもらえるように続けていって下さい。

態度で表すリードをする時の注意点は、仲が良くなってきたからと急にやめることで、一度始めたら紳士的な態度はやりつづけないといけないと思います。

これは、いきなり始めることにも言えることで、不自然なので、デートで今日は特別な日と決めて、一日エスコートするといったようにするのが賢いかもしれません。

基本的にリードは、態度で表してあげると勘違いする人も多いと思いますが、気持ちを如何に汲み取ってあげるかが大切だと思います。

それが難しいから頑張って態度で表そうとするのですが、相手の女性が今何したいかが分かって、それに応えられるようなら特別なエスコートはいらないぐらいなのです。

その気持ちを汲み取ってあげられるようになるのは、感性と経験だと思うので、初めは不器用で頼りなくなってしまうかもしれませんが、頼りがいがある男性になるために成長していって下さい。

女性をうまくリードできるようになったら、女性はもっと楽しめるようになりますし、男性も楽しくなり、仲はどんどん深まっていくでしょう。
このリードする感覚を養って、女性とデートを重ね、モテる男性に是非なって下さい。

スポンサードリンク

女性,リード