「いい人」で終わってしまう男性の7つの特徴

いい人で終わる男の特徴

「○○くんって、いい人だよね」この言葉を聞いて、喜んでいてはいけません。

いい人というのは、言い方を悪くすれば、特徴の無いつまらない人という意味かもしれません。

いい人止まりでも、嫌われてないならそれでいいという人もいるかもしれませんが、なかなか女性との仲が発展せずに悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

女性と仲良くなるけれど、なかなか恋愛関係にまで発展しないという人は、次の項目に自分が当てはまっていないかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

1. 誰に対しても優しい

女性は好きな男性のタイプに、良く優しい男性を挙げます。

優しいのはいいことなのですが、誰にでも優し過ぎると、やはり恋人にはなりづらいです。

「誰にでも優しい」ということは、八方美人と取られてしまう可能性もアリ。

特別な子だけに見せる優しさというものがなければ、いつまで経っても友だち止まりでしょう。

2.押しが弱い

いざというときに押しが弱いようでは、やはり仲も発展しないでしょう。

最後にもうひと押しあれば、付き合えたのに・・なんてケースは良くあることです。ガツガツし過ぎた男性もちょっと困りますが、肝心なときに遠慮してしまうようでは、チャンスを逃してしまいますよ。

また、肝心なときに押せない人は、「嫌われたらどうしよう」と臆病になっているかもしれません。

でも断られることを怖がってばかりでは、やはり恋愛も遠のくばかりですよね。

3. 恋愛相談に乗ってしまう

女性の悩みを親身になって聞いてあげていると、それこそいい人止まりから抜け出せません。

恋愛相談をされるということは、男性としてみられていないか、もしくはガツンと言って欲しいと期待している可能性もあります。

気になる女性から片思いの相談をされて、応援をするようではお人よしすぎます。

女性は自分の話に同調してくれるのは嬉しいのですが、そればかりだと仲も発展しません。時には自分の考えをストレートにぶつけてみること!

4.人に合わせるのが上手

人とぶつかるのが苦手で、できるだけ周りの人に合わせて事無きを得たいという人もいますよね。

でもそのような人って、1対1の関係になるとなんだか物足りないのです。

他人の意見に合わせるだけでは、「自分の意見は無いの?」ということにもなります。魅力がある人は、やはり自分というものをしっかり持っている人です。

また、あまりにも謙虚過ぎる態度は、「自分というものを持っていない人」というイメージばかりか、ネガティブな態度とも取られがちです。

5. 気遣いができる

気遣いができるということは、とてもいいことなのですが、あまりにも気遣いができ過ぎると、やはり恋愛対象としての魅力に欠けてしまいます。

例えば飲み会の席で「何飲む?寒くない?」とやたらと気遣いのできる人がいますが、やはり、「ありがとう」と感謝の気持ちだけで終わってしまうような気がします。

6. 人の頼みを断れない

好かれたい、嫌われたくないあまりに女性のことを気遣い、様々な頼みごとを聞いてしまってはいませんか?

例えば買い物に付き合って荷物持ちをしたり、家まで送り迎えをしたり・・

そのようなことをしても嫌われはしませんが、便利で都合の良い人で終わってしまいます。

7. 人目を気にし過ぎる

人目を気にする態度は、嫌われたくない、他人に良く思われたいという気持ちの表れでしょう。

あまりにも人目を気にし過ぎる態度は、自分自身も疲れてしまうでしょう。そんな無理している雰囲気は、傍目でも分かってしまいます。

「他人に良く思われたい」というアピールは、不特定多数の人から良い人という評価はもらっても、特定の女性にアピールすることはできません。

もう少し、肩の荷をおろして、自然体でいたほうがいいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

いい人で終わる男の特徴