女性に警戒心を持たせないモテる男の上手な誘い方とは

女性に警戒心を持たせないモテる男の上手な誘い方とは

どうも、櫻井です。

自分磨きをどれだけ頑張っても、デートに誘えなければ次のステップへは進めません。

友達グループの中に好きな女性がいれば、どうやって2人きりで会うかが1番の悩みとなるでしょう。

恋愛経験が少ない人ほど、唐突にそして無計画に女性を誘いがちです。相手からも好かれているなら成功するかもしれませんが、突然の誘いは警戒心を持たれ、拒絶される原因となり得ます。

スポンサーリンク

物語を作れば女性は簡単に誘える

モテる人は普段の会話から、女性の趣味嗜好、好きな物事を巧みに聞き出そうとします。

理由は2人きりになる口実を見つけ出すためです。聞き出したことは最初は点ですが、点と点を結んでいくと線となり、最終的に1つの物語が作れます。

物語を作ってしまえば、それを好き相手に伝えるだけですので、決して難しい作業ではありません。

例えば毎週土曜日には必ず外食をしており、最近は中華料理にハマっている。昔からチョコレートケーキが大好きだけど、食べ飽きちゃったから少し変わったケーキを探していると女性が喋っていたらどうでしょうか。

点を結んでいけば、それらを満たす場所が見えてくるはずです。

女性が行きたい場所へ連れていくという名目ができますので、理由もなくご飯に誘うこととは違い、拒否される確率も大幅に下がるでしょう。

少し時間を置いてから、こんな面白いお店があったよと伝えてあげれば、覚えてくれていたと印象も良くなります。女性が興味を持っていることを聞き出すほどに、可能性は広がっていく便利な方法です。

時間を限定させる

簡単に女性の警戒心を解く方法は、会う時間を事前に決めてしまうことです。

好きな女性となら何時間でも一緒に居たいと思うでしょう。

ところが相手からすれば、それは迷惑でしかありません。恋人でもないわけですから、何をされるか分からないという恐怖心が芽生えます。疑われれば、せっかく考えたプランも台無しです。

10時から14時まで暇だから昼食を食べないか、妹にプレゼントを買いたいから夕方まで付き合ってくれないかなどと言えば、女性も別れる時間がはっきりしているので安心してくれます。

もちろん嘘であっても問題ありません。

まとめ

デートだと思い込むとハードルが上がり、プランが1つでも失敗したら、付き合えないと絶望するかもしれません。そのため、遊びに行くだけと気持ちを切り替え、女性を誘ってみましょう。

警戒心を持たれにくい誘い方でも、嫌われていれば成功はしません。

何度誘っても一向に遊べる兆しが見えないという状態であれば、今の恋は諦めて次に進んで行くべきです。それだけ価値のある女性なのかもしれませんが、1人に夢中になり過ぎると時間だけが無駄となります。

スポンサードリンク

女性に警戒心を持たせないモテる男の上手な誘い方とは