女性からモテる男全般に求められる紳士的な振舞いとは

職場でモテる男は仕事もできるのはなぜ?その共通点について

どうも、櫻井です。

いつの時代の女性も、男性の紳士的な姿に好感を抱きます。

古い時代に活躍していた立場と身形を再現した本物の紳士になることは、今の日本では難しいものです。

ですが、女性がされて嬉しく思う、男全般にいえる紳士的な振舞いくらいは、身につけておいても決して損はありません。

スポンサーリンク

女性を優先し、時には女性を先導する

紳士的な振舞いは、どこでどんな行動をすれば、女性が喜ぶかを見極めることです。どこで女性を優先して、どこで女性を先導するか、それを使い分けることで、女性は自分が丁重に扱われていると感じることができます。

女性を優先することは、古い時代の欧米から伝わっている文化で、レディーファーストと呼ばれています。

道を歩く時は男性が車道側を歩いて事故や泥棒から女性を守ったり、ドアを開けて先に道を譲ったり、座る時は椅子を引いたりと、これらは今の時代でも行える男性の気遣いです。

日本では、女性を引っ張る強い男性が古くからイメージされていますが、これも日本だけでなく、欧米の紳士文化にもあります。

女性に危険が迫る場面では身を盾にして守り、これは古代から男性が女性を守る物語がたくさん伝えられていることからも分かる、お決まりの形式です。

現代社会では危険はそう多くはありませんが、暗い夜道や不安定な階段を歩く時など、手を取って先導するだけでも、その優しさが女性に伝わることでしょう。

好意は素直に、指摘は誠意的に伝える

心理的に女性を悩ませて惹き付ける、ミステリアスな男性が紳士という考えがありますが、これは本当の意味では紳士とは言えないでしょう。

好きな気持ちは素直に伝えることが、本物の紳士です。素直な気持ちをいつでも伝えられることは、相手に信頼を与えることができます。

相手が嘘をついていないか、本当に自分を好きなのかと心配することは、恋愛の楽しみの一つとも思う方もいますが、恋愛は本来、素直であるべきです。

現実はドラマではありません。そんなにしょっちゅう、相手に不安を与えたら、疲れさせてしまいます。

素直に伝えるといっても、嫌いなものをストレートに伝えるのは逆にあまりよくありません。女性と意見が食い違ったりして、間違いを指摘したい場合も、直接的では傷つけてしまいます。

上手く言葉を操って、相手を傷つけないようにと伝える話術も必要です。相手を好きという上で、誠意から伝えていることを理解してもらえれば、女性も気持ちを受け入れやすくなるでしょう。

まとめ

紳士的な振舞いとは、女性を大切に思う気持ちの表れです。

ですから、純粋にモテたい、好かれたいという気持ちがあれば、誰でも紳士になれるものです。

どんな行動をすれば紳士かと振り回されたりせず、気持ちを大切にしてください。

スポンサードリンク

職場でモテる男は仕事もできるのはなぜ?その共通点について