彼女が喜ぶメールを送る6つのコツ

彼女,メール,喜ぶ

男性だと女性のようにカラフルなメールと違って、義務的なメールやそっけないメールを送ってしまいがちだと思います。

そんなメールばかりだと彼女も不安になってしまったり、もっと構って欲しかったりと思ってしまうかもしれません。

そこでどんなメールを送れば彼女は喜んでくれるのか、そのコツやテクニックを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

1.絵文字や顔文字を多く取り入れてみる

まず考えられるのは、多くの女性のように絵文字を使ったメールを送ってあげることがいいでしょう。

文字がたくさんだと読み疲れますし、絵文字が入っていないことによって、気持ちが入っていないと捉えられてしまう可能性もあります。

逆に絵文字がたくさん入っているだけで、少し言葉が少ないとしても喜んでもらえると思いますし、そっけない感じが出ないのでとてもいいでしょう。

これに足して顔文字も入れるとさらに読んでいて、笑顔になりそうですから句読点の代わりにこれらを積極的に使いましょう。

2.雰囲気ではなく言葉でハッキリと思いを伝える

女性の多くは相手が何を伝えたいか分かっていたとしても態度で示されたり、雰囲気で察したりするよりハッキリとした言葉で気持ちを表現してくれる方が嬉しいのです。

これはメールでも同じで、色々と中途半端な長い文章を書くぐらいなら一言「愛してる」などストレートに書いて送る方がいいと思います。

ですが毎回毎回「好き」や「愛してる」を書いていると軽い文章になってしまうので、決まった日に書くとか彼女が落ち込んでそうな時に書くなど決め事をするのもいいかもしれません。

直接対面して言い辛い言葉だからこそメールでは書きやすいので、毎日ではなくても必ず書いて送るようにしましょう。

3.短い文章ではなく、なるべく長い文章にする

長い文章を書くのが苦手だとしても、1行2行の文章ではなく、ある程度の長さのものを書くようにしましょう。

短すぎるとそっけない感じになってしまいますし、彼女も短い挨拶だけのような文じゃない限り、こちらも応えるように書いて返信しましょう。

長い文章にするテクニックとしては、顔文字や絵文字もありますし、今思っている気持ちを素直に文章にしたらいいのです。

4.時間で出来たらなるべくメールをしてあげる

男性からメールしない人や返信しかしない人だと彼女をとても不安な気持ちにさせているかもしれません。

忙しかったり筆不精だったりと理由はあると思いますが、彼女を喜ばす以前に不安にさせ、すれ違いを作り大きな壁が出来てしまうかもしれません。

これを回避するために、なんとか時間を見つけて、返信という形ではなくこちらからメールをしてあげて下さい。

5.写メールを使った彼女を喜ばすテクニック

また忙しい人でも1日1回を目安にお互い連絡すると彼女も安心しますし、どうしても出来ない時があるなら事前に忙しくなることや出来なくなる理由を伝えておいた方がいいでしょう。

テクニックとして後でこの忙しい時期のことを「こんなことあったよ」と送ってあげるといいですし、写メールなども添付して送ればさらにいいと思います。

浮気を疑っていたり、「私のことなんかどうでもいいんだ」と考えていたりする人は結構いますので、こういうフォローは大切なのです。

6.彼女のことを考えたメールをしてみる

1日1回送るとして、こんなことあった的なメールでも、毎回同じ内容や返信が難しいメールはあまり歓迎されません。

彼氏彼女共にメール魔のような人だとこんなやり取りでもいいのかもしれませんが、これに付き合ってくれる彼女はとても良い人だと思って下さい。

具体的なエピソードや向こうにも尋ねるように、メールした方が内容が発展していくので、彼女の反応を想定したメールを送るのがテクニックとして良いでしょう。

 

彼女を喜ばすメールを書く秘訣やテクニックは、どんなこと書いて送れば喜んでくれるのかという想像が大事だと思います。

そのままの意味ですが、素直に自分の気持ちを書けば彼女も喜んでくれますし、変に飾らなくても言葉がハッキリしたものならきっと伝わるはずです。

スポンサードリンク

彼女,メール,喜ぶ