クールを気取っても無駄?モテる男は愛想も大切な理由

クールを気取っても無駄?モテる男は愛想も大切な理由

どうも、櫻井です。

漫画やテレビドラマを見ていると、クールな役の男性が頻繁に出てきます。そして、もれなく女性からモテているのです。

しかし残酷な話ではありますが、容姿レベルがよほど高くない限りは、クールを気取っていても女性からの受けは良くないと言えます。

クールだと思っていた仕草や格好が、女性から見ると間抜けに感じる場合もありますので、気をつけた方が良いでしょう。人間味となる、愛想を武器にして恋愛を攻略していくべきです。

スポンサーリンク

愛想が良い男は万人受けする

感情に流されず、涼しげな態度をとれることを、一般的にクールな人と言います。

では冷静沈着で何をしても表現力に乏しい人と一緒にいて、女性は楽しい面白いと思うのでしょうか。間違いなくYESとは言い切れませんし、クールな男性を演じていれば、気持ちが冷める時間も早くなります。

逆にお笑い芸人のように愛想が良ければ、女性は安心感を抱きますし、話しかけやすくなります。

恋愛の始まりは人と人との接触から始まりますので、近づきにくいオーラを出していれば、いつまで経っても友達以上の関係には発展しません。

誰とでも親しげに接して交友関係を広げていけば、そこから恋が始まることだってあるでしょう。

愛想を良くする方法

基本は笑顔です。

人付き合いが苦手で、今まで奥手な人生を歩んできたのなら、口角を上げる練習をしましょう。口角とは口の両端の部分で、ここが上がっていると笑顔が素敵に仕上がります。

芸能人の口元を注意して見ていると、売れっ子になればなるほど口角が上がっているのです。

また自分の意見を持つことは大切ですが、固定観念に捉われてはいけません。考え方が偏ってしまうと、女性と会話をしている時に空気が悪くなる可能性があります。

ビシッと1つの結論を導き出そうとする、クールな男性とは全く反対の行動です。

相談や愚痴を聞いている時も、自分の意見を全面に出さず、物腰を柔らかくして聞き役に徹しましょう。重たい雰囲気の話でも、天然ボケを交えながらお喋りができれば、女性からの好感度も高まります。

感情表現の豊かさや面白さが愛想の良さとは直結します。

よって、お笑い芸人さんの動きや言動に注目しましょう。旬の芸を覚えたり、人とは違った会話の切り返し方を学べば、女性の気持ちを揺さぶることも難しくはないはずです。

まとめ

誰もが愛想が良い、お調子者になれるわけではありません。

クールな雰囲気や性格に慣れてしまっている人は、少しずつ自分を変えていくだけでも周りからの評価は変わっていきます。時にはクールな男性を装うことで、ギャップに胸キュンする女性もいますので、バランスを保つことも大切です。

いつも馬鹿騒ぎしているだけでは、女性も疲れてしまいますし、人間として欠陥があるのではと勘違いされます。

1本筋は通っているけれど、面白味のある男性だと女性が理解してくれるような人を目指していきましょう。

スポンサードリンク

クールを気取っても無駄?モテる男は愛想も大切な理由