ブサイクなのになぜ?そんなモテる男が実践してるさりげない行動とは

女性の恋愛対象となるモテる男の性格とは?その種類について

どうも、櫻井です。

美女と野獣という言葉があるように、外見の不釣合いなカップルは世の中に大勢います。

モテない人は、自分は顔が悪いからと消極的になってしまいがちです。

コンプレックスを持っていない人はほとんどいませんので、ブサイクだからと嘆かないようにしましょう。

スポンサーリンク

モテるブサイクは総合力が高い

女性が男性に好意を寄せるポイントは、容姿と性格、経済力、その他の4つに分類できます。

その他には、趣味嗜好やコミュニケーション力、人脈などがあります。

つまり顔の良し悪しも、モテる要素の1つに過ぎません。

ルックスが良くても女性を雑に扱い、お金も無いとなれば、25点の男と女性は判断するでしょう。ブサイクでも性格とその他が良ければ、50点となりイケメンにも勝てるのです。

だから顔がダメな人でも、性格やファッション、仕事、会話能力をモテるポイントとして鍛え上げれば良いのです。

髪型や洋服に気を遣えば清潔感を保てますし、明るくポジティブに生きれば面白いブサイクにもなれるでしょう。

顔が悪いんだから振られて当然という気持ちで、何度も好きな女性に告白をすればOKがもらえる時も来るはずです。安っぽい洋服を着て、小さな声でボソボソと喋っているようでは、ただの気持ち悪い男ですからね。

お金を持っているからブサイクでもモテるのではなく、本人が顔面偏差値を受け入れているからこそ、次のステージへと行けるのです。

気持ちだけは男前に

女性の心理を理解してあげれば、顔は悪くてもイイ男になれます。

ブサイクがさりげなく実践している行動には、話を親身に聞いてあげる、相手の目を見て喋る、自分らしい服を着る、イイ男を演じるなどがあります。

一緒に遊んでいる時も、自然とレディーファーストができれば、気が利くと喜ばれるでしょう。

ブサイクであることには変わりありませんので、やり過ぎてしまえば気持ち悪がられます。適度にさりげなくが基本となります。

恋愛経験が豊富な女性は、ルックスよりも中身を重視する傾向が強いです。

特に失恋から立ち直れていない女性は、顔よりも人間味に惹かれやすくなります。狙っている女性が心の病を患っているなら、優しく接して頼れる男だとアピールしましょう。

まとめ

ウサギとカメの童話のように、イケメンでも努力を怠ってしまえばブサイクに負けます。

顔面偏差値に限らず、何もしなければ女性からモテることはないのです。

顔は悪くても、これなら他人に負けないという武器を1つや2つ作れれば、きっと理解してくれる女性が現れるでしょう。まずは1番簡単に始められる、気の持ちようから変えていくべきです。

スポンサードリンク