お酒好きの女性にもてる男になれる?飲み屋のたしなみ方とは

お酒好きの女性にもてる男になれる?飲み屋のたしなみ方とは

昨今では女性の方が酒飲みだと言われています。

アルコールを摂取すれば理性が保てなくなりますので、モテるお酒の飲み方を知っていれば、お持ち帰りも夢ではありません。
また男性が覚えておくべき、飲み屋でのたしなみ方はとても簡単です。

スポンサーリンク

女性が嫌う飲み屋での行動

一緒にお酒を飲めば、男性側も思考が回らなくなっていきます。

裏の顔が出てしまいますので、女性から嫌われる要素を排除しなければいけません。
店員や他人に絡む、自慢話を永遠とする、注文や片づけを女性に押し付ける、酒を飲むように強要する、携帯電話ばかりいじる、酔いつぶれたり嘔吐するといった行動は最悪の結果を招きます。

居酒屋やバーに女性が来るということは、少なからず出会いを求めているという証拠です。
会社の同僚となら、嫌悪感は抱かれていないことになります。

つまりお店選びも大切ではありますが、1番は人として最低限のマナーを守れるかが雰囲気を壊さない鍵を握っているのです。

2人きりではなくグループで飲む時も、少人数と喋るのではなく、皆で楽しめるように行動しましょう。
お酒が苦手又は飲み会という場が嫌いな女性にとっては、その心遣いが男性の評価を高める要因となります。

シチュエーションに合わせた知識

女性は男性の情報力に惚れやすいです。
野菜や魚介類の旬の季節を知っていれば、さり気なく言葉に出して、お店へとエスコートできるでしょう。
美味しい食事は会話を弾ませてくれます。

食材とアルコールの相性まで調べておくと、酒好きの女性は落ちたも同然です。

そしてバーに行く時は、バーだからこそのルールを覚えておくと、大人っぽい男性だと印象が良くなります。

女性が椅子から降りる時は手を差し伸べる、煙草を吸う時は隣人に断る、大声で喋らない、酒の種類に合わせて飲み方を変えるなどがあります。

バーは女性を落とすには最適ですが、飲み屋の中でも特殊な場となります。
慣れていないと周囲から小馬鹿にされ、せっかくのチャンスが水の泡と消えるでしょう。

出されるお酒は、ロングカクテルとショートカクテル、オンザロック、ストレートの主に4種類です。
各々に意味が込められており、アルコール度数の高いものも少なくないため、女性を気遣いながら嗜みましょう。

まとめ

背伸びをして女性からモテようと思うと、飲み屋では失敗しやすくなります。
飲み屋のたしなみ方が分からない場合でも、嫌われないことをすれば良いのです。

年齢が若いほど、マナーとルールを習得しておくだけで、女は男に惚れます。
1度覚えてしまえば様々な場面で使えますので、たしなみ方を通して男磨きに励みましょう。

スポンサードリンク

お酒好きの女性にもてる男になれる?飲み屋のたしなみ方とは