見た目以外で素敵を感じさせる3つの要素

モテる男,外見

いい男の条件は、見た目だけではありません。

女性の多くは、見た目だけではなく、内面もしっかり見ていて、いくら外見が良くても性格が悪かったらあまりモテないでしょう。

だからこそ内面を磨いて、女性に素敵とかんじさせるいい男にならないとダメなのです。

そして、どういった所を気を付けるのか、しないといけないのかといった必要な要素を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.レディーファーストを心掛ける

まず大事になってくるのは、気遣いができる人は内面でも素晴らしい人だと思います。
例えば、デートの時に車道側は男性が歩くといった簡単なことでもいいのです。
外国には、レディーファーストという言葉があり、女性のことを優先的に考えていることを言葉ではなく、態度で現していることでもあって、こういうことを日常的にできれば評価は高くなるのではないでしょうか。
それに、このようなことをされることに慣れていない女性が多いと思うので、ビックリされることもあるかもしれませんが、とても良いことだと思います。

2.女性をリードするために決断力が必要

内面から見るいい男の条件を考えれば、決断力は絶対に必要になってくる要素でしょう。

この決断力が欠けていると優柔不断に見られますし、頼りがいがないと思われ、男性として面目が立たないかもしれません。

よくデートで見る光景だと思うのですが、「どこに行きたい?」など食事やデート場所を女性が男性に聞くことがありますよね?

これに対して男性が「どこでもいいよ」や聞き返すことがあり、男性にリードしてもらいたい女性にとっては、とても物足りないデートになってしまいます。

男性にリードしてもらいたい女性ならデート場所や食べに行く場所を強引に決めてしまうような決断力のある人もありですが、そうではない女性ならどうでしょうか。

逆に「どこでもいいよ」ばかりでは、適当に返事をしていると思われて、興味がないのかなぁ~と不審がられてしまうのですが、そういう場合は、こちらから相手に選ばせるような提案をしたらいいのではないでしょうか。

どういったことかと言うと、「○○と○○があるけど、どっちがいい?」と選択させるように聞けばいいと思います。

強引な訳ではないと思いますし、相手の意思も尊重するようにしていて、女性が選んだら自分もこっちが良かったという風にしたらいいでしょう。

また逆に、その方法で女性が選べなかった時は、こちらで事前に答えを用意していた方がいいですし、そうじゃなかったら同じように優柔不断と思われ、意味がないと思います。

3.聞き上手はモテる

もう一ついい男に感じてもらえる要素として、女性の言いたいことをよく聞いてあげることがあるでしょう。

相手の自慢話や今日の出来事や愚痴など何でもいいのですが、相手の話を聞いてあげるだけでも好感度はかなりあがると思います。

聞いてあげることが大事で、議論などは必要はありませんし、話している内容に同意して一緒に考えてくれることが大事なのです。

このように、女性の多くは、何かして欲しいから喋りかけているのではなく、ストレスの発散もあるとは思うのですが、思いの理解や共有を求めているのかもしれません。

それと、その逆で男性から女性への愚痴はあまり良いものではないでしょう。

内面をよく見せるためには、自慢話も含めて多くを語ることはせず、相手と一緒に話せる共通の話題がいいと思います。

当然ですが、他人への嫌味や悪口は厳禁で、女性はこういうことに敏感で、よく見ていますので、気をつけて会話したらいいでしょう。

女性から見た目以外でいい男に見られるには、こういった3つの要素を注意して、行動しないといけません。

これがちゃんとしていれば、内面からいい男と思われて、女性ともっと素敵な関係になれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク