初対面で好印象を残す3つのポイント

初対面で好印象を与える方法

男性、女性関係なく初対面だと誰しもが緊張してしまうと思います。

そんな中で初対面の相手に好印象を残すには、どうしたらいいのか簡単に説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

1.挨拶はしっかり行なう!

初対面の人には限らないのですが、まず相手の目をしっかり見ることが必要だと思います。 男性同士だとちょっと違うのですが、これから恋愛関係になりたいと思うのなら尚更相手の目を見て話すことに集中した方が後に好印象を残すことができるでしょう。

目を合わせなかったら逆に、向こうの方が「興味を持ってくれていないのかな」や「何かまずいことしてしまったのかな」と思ってしまい、気まずい雰囲気になってしまうかもしれません。

まだ向こうが思ってくれているならマシで、挽回の余地があるのですが、この人感じは悪いと初対面から思われてしまっては、その印象が残ってしまって、好意を抱いていたり、仲良くなりたいと思ったりしても厳しくなってしまうでしょう。

2.相手の目を見て話す

目を合わせない人の多くは、暗い雰囲気でも悪気があるのではなく、男女共に恥ずかしさや「嫌われたらどうしよう」という不安な気持ちから目を合わせない人が多く、合わせないことが特別なことではないということを覚えておいて下さい。

仮に初対面の女性が目を合わせていなくても自分は嫌われているのだと思わず、丁寧に対応してあげたら相手も安心しますし、好印象が残ると思います。

それと、こちら側が目を合わせられないのなら、少しずつ練習して、相手の目を見てはっきり挨拶できるようにしましょう。

 

3.自然な笑顔で好印象を与える!

そして、もう一つとても大事なことがあり、初対面の笑顔はとても重要です。 相手に好印象を与えるためには、必要不可欠なポイントですし、相手の目を見て話す時に、緊張を和らげる役目でもあるのが笑顔になります。

できるだけ自然な笑顔がいいのですが、初対面で緊張していて難しいのなら、事前に練習するのもいいですし、顔全体ではなく口元を持ち上げての簡単な笑顔なら作れると思います。

それと笑顔にも注意点があって、ここに書かなくても分かると思いますが、にやけたり、うすら笑ったりは絶対にしないで下さい。

その行為は、好印象を持たれる所か初対面ですから相手を深く傷つけることになってしまいますので、緊張していても注意して欲しい所です。

円滑な人間関係は笑顔が大切ですし、表情も豊かな人の方が柔らかい優しい印象を与えますので、そこら辺を注意しないといけないでしょう。

初対面で相手の話をじっくり聞いたり、それに対してちゃんと応えてあげたりすることも大切なことですが、それは普段でも一緒です。

初対面だからこそ気にしないといけないのは、肩の力を抜いて、自然体で相手と接することだと思います。 相手に良いように思われたいから緊張してしまって、堅くなり逆の結果になってしまう恐れがあるので、思い切って普段通りの自然体に振る舞うことも大切になってきます。

変にガチガチな状態ではなく、自然に笑顔がこぼれるような会話をしていたら相手にはとても好印象に映って、覚えてもらえるでしょう。

* * *

初対面で気をつけるべきポイントは、相手の目をしっかり見る、笑顔で接する、緊張し過ぎないという3つが大切でしょう。

どれも大切なことなのですが、緊張していたら何もかもうまく行かないので、自分も相手も楽しい会話になるようリラックスした感じで話しましょう。

決して軽い感じで応対するのではなく、相手のことを褒めながら安心感を与えるようにして、好印象を持たせるように会話していけばいいと思います。

こういう会話に慣れている人なら気にする必要はないかもしれませんが、初対面に限らず相手の意思を尊重しながら会話をしていけば、きっと好印象を与えられるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

初対面で好印象を与える方法