薄毛やはげの男性を狙う女性がいる?モテる男の新常識とは

薄毛やはげの男性を狙う女性がいる?モテる男の新常識とは

男のコンプレックス上位にランクインする、薄毛という悩み。
人から笑われ、誰かに見られている感覚に陥るかもしれません。

それが原因で恋を諦めている人も多いでしょうが、女性はあまり薄毛やハゲを気にしていません。

若い女性を対象としたアンケートでは、半分もの人が似合っていれば好き又は大好きと答えているのです。

スポンサーリンク

劣等感のある男性は親しまれやすい

目が小さい、唇が薄い、足が短い、運動音痴、毛深い、太っている、背が低い、エラが張っている、鼻が低い、胸が小さいなど、必ず女性も欠点を抱えています。

欠点を隠すために、化粧をしたり、エステに通ったりしているのです。

つまり見た目が美人であっても、コンプレックスを持っている人は、それを許容してくれるパートナーを探す傾向が強いのです。

逆の立場になれば分かりやすいでしょう。

髪の毛が薄い人なら、ハゲを受け入れてくれる女性と付き合いたいはずです。
デートをしている時に、薄毛いじりをする恋人とは一緒にいたくないですよね。

女性側も同じ考えであり、目視でコンプレックスが分かる男性の方が、より親近感を持ってもらえます。
高値の花という言葉が示す通り、完璧な人間には近づきにくいものです。

薄毛であることをチャンスだと思うべきです。

ハゲはオシャレの1つ

日本では薄毛の男性はモテないという文化があります。

しかし外国ではモテる要素だったりします。

ヨーロッパではチャーミングの象徴、メキシコやイタリアではセクシーだと思われているのです。

ロシアではスキンヘッドこそ女性が好む髪型であり、日本と外国とでは全く違います。

日本人はハゲであることを隠そうとしますが、それがモテない文化を作り上げているのです。
髪の毛を散らかしていれば汚らしく見えますし、女性は臭そうと思います。

薄毛を隠したり、カツラを着用すれば、嘘つきだと馬鹿にされるでしょう。

よって外国と同じように、オシャレの1つとしてファッションに取り入れてしまえば良いのです。

中途半端に残った髪の毛をどうにかするのではなく、潔く坊主やスキンヘッドにしてしまい、劣等感を拭い去ってしまいましょう。

堂々とした態度で日常生活を送っていれば、女性は欠点を利点に切り替えた素晴らしい男性だと認識するようになります。

まとめ

薄毛だからモテないというわけではありません。

その欠点をどのように解決したか、頭髪以外の部分に気を遣っているかが、女性のチェックポイントとなります。

髭の手入れや年齢に合ったファッション、女性への気配りと、モテるための準備は必須です。
モテない原因を薄毛のせいにしないようにしましょう。

スポンサードリンク

薄毛やはげの男性を狙う女性がいる?モテる男の新常識とは